セカンドアルバム「泥水は揺れる」

 

洋楽ファン、邦楽ファンが戸惑うようなアルバムが完成した。

約2年の間を経てスーマーのセカンドアルバムがアナログ盤で

限定発売される。プレス枚数はたったの200枚。

プロデュースは「ミンストレル」に続きロンサム・ストリングス

の桜井芳樹が担当。全10曲の殆どがオリジナル曲で占められた。

セカンドながらも手を緩めることはなく、前にも増してスーマー

の奥底に潜んでいた「湿度」が漂っているかのようである。

録音メンバーには、桜井芳樹、椎野恭一、千ヶ崎 学、田村玄一、

川口義之、中村まり、Rico、関島岳郎、木下聡之、といった

馴染みであり頼りになる顔ぶれが揃った。

更にジャケットは「龍子」で国内外から絶賛、注目されている

劇画作家・エルド吉水の描きおろし。

題字は書道家・宮木麻衣による書。必聴盤。

(チラシ文章より転載)

 

2年振りというのが、早いのか遅いのか。

感じ方は人それぞれだと思います。

しかし若いわけでもない私にとっては、

とても早いとは思いません。

 

今年の秋に2枚目のフルアルバムを出します。

タイトルは「泥水は揺れる」です。

 

真夏が似合わない弾き語りにとって、

前回の「ミンストレル」を何故、真夏に発売したのか、

今となっては不思議でなりません。

今回は最初から秋に発売することを念頭に作りました。

アルバムを作るにあたって肝に銘じていることは、

ブートレグシリーズとフルアルバムを作品として

色合いをくっきりと分けるということがあります。

 

今回のフルアルバム「泥水は揺れる」も新しい色合いが

加わり、新機軸ともとれるような曲も収録されています。

それは私にとって、別段無理をするようなことでもなく、

奥底に渦巻いていたものが湧き出てきたというようなことです。

チラシの通り、洋楽ファンも邦楽ファンも戸惑うかも知れませんが、

戸惑わせるつもりなどなく、私にはごく当たり前のことなのです。

そして、それでよいのだ、と思っています。

 

 

録音は基本的には同録。つまり歌も演奏も一斉に録音することです。

それによって別録音では出せない「味」というものが記録されます。

頼りになる強者のミュージシャンたちも、皆さんそれぞれが

楽しくそして緊張感をもって演奏してくれました。

そこに腕利きの録音エンジニア、マスタリングエンジニアの方々が

とてもスムーズに作業してくれたことも大きいのです。

 

低予算ながらジャケットにも工夫を凝らしました。

見開きではないシングルジャケットで昔の古き良きを

再現するために、紙選びから始め、紙の職人さんたちに

型抜きから印刷、加工までをお願いしました。

レコード世代の方には馴染みのある、昔のコーティングジャケット。

そして紙の内袋に直接印刷した歌詩と曲ごとに描かれた画。

30センチというサイズに、デザインチームも気合が入ってくれて

画、書、デザインが見事に一体となってくれました。

 

 

そして発売するのは、200枚のみ。アナログ盤のレコードです。

レコード盤に音の溝を刻むカッティングにも立会いました。

作業はこの道40年以上の重鎮が担当してくれました。

音質には一切手を加えず、ひたすらツマミでレベルを調整します。

テスト盤のカッティングが終わり、針を落として再生しました。

するとCDでは再現できない、ふくよかな音が聴こえてきました。

 

是非ともレコードプレーヤーをご用意いただいて、

少しでも多くの皆様に聴いていただけますように。

 

 

スーマー「泥水は揺れる」  2016 Misntrel Songs [MS008]

 

プロデュース:桜井芳樹

共演:桜井芳樹、椎野恭一、千ヶ崎学、田村玄一、

   川口義之、中村まり、Rico、関島岳郎、木下聡之

 

ジャケット画:エルド吉水 http://www.eldoyoshimizu.com/

題字:宮木麻衣

デザイン:村上亜沙美 http://asamimurakami.com/

 

 

アルバムの詳細はコチラです。

作品一覧 [Discography]

http://suemarr.com/disco.html

(ジャケット写真をクリックでも)

 

_____________________________________________________________

 

【先行予約のお知らせ】

 

一般発売 11月1日

先行予約 9月15日より受付開始

 

ご予約いただいた皆様には、先行予約特別価格で

発売日当日までに御自宅に郵送させていただきます。

【予約特別価格】3,500円+送料500円 合計:4,000円

 

◎ライブ会場でのご予約

ライブ会場で配布される写真のチラシの裏の予約票にご記入の上、

本人スーマーに直接(予約特別価格と共に)お渡しください。

 

◎メールでのご予約

order*suemarr.com (*を@に置き換えてください)宛に

件名を「泥水は揺れるアナログ盤」として、

氏名、住所、電話番号、をご記入の上、送信ください。

折り返し、振込口座等の詳細をお返事させていただきます。

【ご注意】携帯メールでご予約で、PCメールを受信拒否設定されている方は、
     上記のアドレスからご返信できないことが何度かありました。

     suemarr.comのドメインを必ず受信指定してくださいますよう、

     よろしくお願いします。

 

*予定枚数に達した時点で、締め切らせていただきますのでご了承ください。

 

 







                       

間もなく1年目を迎える「寒弾(KANBIKI)」


「割が合わないことやってるなぁ」
 

「ファイルの配信でいいんじゃないの?」
 

という言葉を時々いただくことがあります。
 

正直、それは間違った言葉ではありません。

しかし、私は書くことが昔から好きであり、

駄文だとしても言いたいことがあるのです。

そして紙に書かれた言葉が好きなのです。

そんなことに共感してくれた方々が購読者の皆さん。

私はそう思っています。

何人かの方は、気持の入った感想、アドバイスを

メールや手紙でも寄せてくれています。

そんなことも、ものすごく励みになります。

毎月の執筆は、正直なところ楽なことではありません。

しかし、いざ書き始まると自然と筆が進みます。
これはある意味、病気かも知れません。

12ヶ月(創刊号も含めると13ヶ月)、更には

休刊前の44号までも含めて、いい加減な気持で
書いたものはひとつとして有りません。

「弾き語り」と「毎月の執筆」というのは私にとって
とても良い気持の切り替えとなっているようです。

なので、生きている限りは書き続けていくつもりです。

これからも多くの方々に読んでいただければと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


【月刊紙「寒弾」年間定期講読の更新と募集】
 

さて、ここからはお知らせです。

月刊紙「寒弾(KANBIKI)」が2016年2月号で

第一回目の年間定期講読の12ヶ月目を迎えます。

定期購読者の皆様にはお約束通り、毎月お送りしていた

未発表付録音源12曲を更にマスタリングしてまとめた

CD「寒弾 SONG BOOK Vol.1」として進呈致します。

お楽しみにしてください。


「寒弾 SONG BOOK Vol.1」The Bootleg Series Vol.15( 椎名 寛・画 )
 

そして月刊紙「寒弾」はこれからも続きます。

2016年3月号から第二回年間定期講読の募集を開始します。

第一回目の購読者の皆様には、是非とも更新をしていただき

同時に新規購読者も募集致します。

購読料は、3000円のまま据え置くことに決めました。

赤字覚悟ということになりますが、全国の更には海外の
皆様との繋がりをこれからも続けていきたい。
そしてこのご縁でいつか、スーマーの生の弾き語りを
聴いていただければ、と切に思っております。

皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

スーマー

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

【第二回「寒弾」年間定期講読の更新と新規募集の詳細】

◎月刊紙「寒弾」の内容:

二つ折りA5サイズわら半紙に

随筆、コラム「隙間風」又は、写真と文、

今月の一句(俳句)、はみ出しコラム、

その月のライブスケジュール
*第一回「寒弾」の表紙と内容ギャラリー↓
http://note.suemarr.com/?eid=1159896

◎未発表付録音源:毎月1曲(ダウンロード音源)全12曲

*パソコンが無い方でダウンロードが不可能な方には

ご希望の方のみCD-Rでお送りします。
「12ヶ月後にまとめて聴きたい」方はお申し出ください。

◎12ヶ月目に12曲をまとめたCD

「寒弾 SONG BOOK Vol.2」を進呈致します。

◎年間定期講読料:3,000円(1ヶ月換算:250円)
お申し込みはコチラをご覧ください。
http://suemarr.com/order.html【MINSTREL'S STAND】

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

★★バックナンバー(第一回定期講読分)ご希望の皆様★★
2015年2月創刊号+3月号〜2016年2月号まで(13冊)
CD「寒弾SONG BOOK Vol.1」付 
購読料:3000円
*在庫に限りがありますので、お早めにどうぞ。
表紙と内容の紹介はコチラ↓
http://note.suemarr.com/?eid=1159896
 

★★2016年1月末に発売のソロ・ライブアルバム★★

 「drifted leaves」The Bootleg Series Vol.14
2,000円(税込)を同時にご購入の皆様には、送料無料で
月刊紙と共に郵送させていただきます。

「drifted leaves」の詳細はコチラです↓

http://note.suemarr.com/?eid=1159897
 







                       

drifted leaves


「drifted leaves」The Bootleg Series Vol.14

様々な場所に舞い降りた、

まるで落ち葉のような歌を

13枚拾い集めてみた。

その落ち葉にはひとつとして

同じカタチのものは無い。

何処か汚れていたり、色褪せていたり、

裂けていたり、欠けていたりもする。

それこそが「ライブ」なのだ。

どれを拾っても同じカタチで

艶やかに輝いている葉っぱなら

わざわざ拾いたいという気持は

私には湧いてはこない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「独り」の時の弾き語りの私を知らない。

「ミンストレル」のCDしか聴いたことがない。

又は、遠方の方で中々ライブへ行けない。

特にそんな皆さんに知っていただきたい「独りの私」。

そんな想いで今回発売することにしたのが、ソロライブ・アルバムです。

drifted leaves / The Bootleg Series Vol.14
歌と演奏:スーマー(Vocal, Guitar, 4String Banjo)

アルバム「ミンストレル」収録曲の「火鉢」、「冷たい風」、

「Goodbye Jaqueline」、「ちょいと寂しい夜のうた」の他、

完全未発表の4曲を含む、様々な場所と雰囲気に溶け込む全13曲。
*曲ごとに様々な想いを綴った4ページのライナー付

*1曲のみ特別ゲスト:中村まり

*全13曲・2000円 完全限定プレス盤 [MS-006] Minstrel Songs

発売は、1月末を予定しております。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このアルバムは全国流通はいたしません。各ライブ会場、
一部の店舗、そしてスーマー公式ウェブサイトの通販ページで
取り扱っております。皆様、是非聴いてやってください。

公式通販ページ:ミンストレルズ・スタンドにて予約受付中です↓
http://suemarr.com/order.html


 







                       
| 1/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

links

profile

Amazonレヴューにも感想をどうぞ。

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode