<< 日本人として、これからどうする? | top | 初のソロ・フルアルバム「MINSTREL」完成。 >>

新しい年。

西暦で2014年もの時が経っているこの世界。
今もなお、争いは絶えず、痛みを分かち合えず、
方向さえも見失ったままの世界。

頼みの綱は「争奪」が名前だけを
隠しているかのような「経済」。
従う者たちだけが偽りの平穏を与えられ
従わぬ者たちは振るい落とされる。

生きるか死ぬかという末端を知らぬまま
従う者たちは直接に痛い目に遭わぬ故に
黙っていれば大丈夫であると思い込み、
「変えよう」とする者在らば異端の者として蔑む。

これが外国ではなく、日本という国である。

自らの誇り高き持ち前の文化をも消し去り、
世界と対等に対話できると思い込む日本という国である。

楽しむ時は楽しめばいいと思う。
しかしそれが一日のすべてではない。
楽しむ者としての心意気を消したらもう終わりよ。
難しくもお固くもない。
当たり前のこと。
それを書かずにはいられない。




 
SUEMARR | ここだけのつぶやき | 17:23 | comments(0) | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
「深夜食堂のうた」挿入歌2曲収録
「泥水は揺れる」特典CDは付きません
ドラマ第四部は「ミンストレル」から8曲を使用。
エンディングソング「ちょいと寂しい夜のうた」
表紙を飾った12号から寄稿中
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH