<< 4年目を迎える月刊紙「寒弾 KANBIKI」 | top |

月刊紙・寒弾(KANBIKI)第四回定期購読から新丁

 

恋と商いは3年が節目とか。

 

まぁ3年も経てばひとまず答えのようなものが
出てくることもあるかも知れません。
そんな節目の3年が経ってしまったのが
月刊紙「寒弾(KANBIKI)」であります。

 

購読者の皆さんも3年も経てばいろいろあって
4年目の継続などしてくれるのだろうか???
という不安も(実は毎年)あったりしましたが、
ほぼ全員の方々に継続していただき、
新しく申し込んでいただいた方々もいてくれて、
赤字ギリギリで発行している弱小レーベルなりにも
肩のチカラが抜けた…途端に待ち伏せていた
風邪にまんまとやられました。

 

というわけで寒弾も店をたたむこともなく、
4年目に突入することが出来ました。
3月号から第四回定期購読の新年度に入ります。
表紙絵は、鎌倉在住の画家・久保田潤さんに
1年間を担当していただくことになりました。
1年ごとに様々なアーティストの方を紹介できる
ということも嬉しく楽しみなのです。

 

更に、全アルバムと寒弾のデザインを担当してくれている
村上亜沙美さんによりロゴとレイアウトも一新しました。
古き良き雰囲気とモダンな雰囲気がうまく溶け合っていて
とても気に入っています。
横書きから縦書きに変更されたライブ予定欄は、
まるで昔の新聞の求人広告のようです。

 

年間定期購読の未発表付録音源も37曲目。
『よくネタがあるな』
と思う方もいらっしゃると思いますが、
意外と尽きることがありません。
フルアルバムとは完全に距離を置いている
未完成曲集ですので、気が楽なのです。
(手を抜いているということではありません)
定期購読者のみ曲解説書付きです。
これを読んでいただくと音源の経緯や
思いも知ることが出来ます。

 

そして月刊紙としては通算82号目。
目標の100号まであと1年半。
随筆、コラム、俳句を部屋で、旅先で、
弾き語りとしての目線から様々な思いを
毎月綴り続けております。


私を知っている方々には毎月のお便りのような、
知らない方には歌を聴くきっかけとなってくれるような、
それを「紙で手渡したい」という思いで発行しています。

 

新しくなった寒弾。
というタイミングであらためて皆様への紹介でした。
いろいろな方に読んでいただけたら、と思います。

 

- - - - - - - -


月刊紙「寒弾(KANBIKI)」
第四回年間定期購読料:4,000円
月刊紙12部(2018年2月号〜2019年3月号)
未発表付録音源(解説書付)12曲(ダウンロード)
12ヶ月後に「寒弾SONGBOOK」CDにまとめて進呈
*詳細はコチラです。
http://suemarr.com/order.html

*寒弾ギャラリー
http://note.suemarr.com/?eid=1159896

SUEMARR | 月刊紙「寒弾」(KANBIKI) | 23:05 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
「深夜食堂のうた」挿入歌2曲収録
「泥水は揺れる」特典CDは付きません
ドラマ第四部は「ミンストレル」から8曲を使用。
エンディングソング「ちょいと寂しい夜のうた」
表紙を飾った12号から寄稿中
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH