「Beyond The Time」再び

約2年前。2014年11月と12月に横浜と東京で

2回の「ミンストレル」発売記念ライブを開催した。

両日共に満員となり、皆様に心から感謝したことを

まるで昨日のことのように覚えている。

 

その時にご来場の皆様へお配りしたのが

3曲入の特典カセットテープであった。

そのタイトルが「Beyond The Time」。

カセットテープ「Beyond The Time」については

ディスコグラフィーのページを参照されたい。

http://suemarr.com/disco.html

 

 

今回の「泥水は揺れる」CD化に伴い作成した

特典CDも同じタイトル「Beyond The Time」。

しかしカセットテープとは少し内容が違うのである。

 

 

 

 

 

「Beyond The Time」The Bootleg Series Vol.16

 

1. Lili Marlene

2. Country Roads

3. Blood Red Roses

4. Lili Marlene [reprise]

 

 

1. Lili Marlene

 

近所で拾った戦前のアメリカ製のギターはとても弾き辛く、

弦の一音をしっかりと出すのも苦労するのだが、

音の素朴さに惹かれたのだった。

そこでこのギターであまりスムーズな演奏と歌では無いが

「リリー・マルレーン」を弾き語ってみたデモ音源である。

この歌を唄おうと思ったきっかけは、今回のアルバムに

参加してくれているピアノのRicoさんが何年か前にライブを

聴きに来てくれた時の会話であった。

『スーマーさんの歌声は私の父親に似てるんです。

 父はよく、リリー・マルレーンを歌っていました。』

私が小学生の頃に歌の意味も判らないままメロディーに

惹かれた歌だった。(今思うとどうにも不思議な少年だ…)

日本語詩は、私が唄うのに相応しい想いを込めている。

彼女のお父様に一度お会いしてみたかった。

*スーマー(歌とギター)

 

 

2. Country Roads

 

またも私が小学生の頃、ジョン・デンバーの歌が好きだった。

確か同級生の親がアルバムを沢山持っていて貸してもらって

ずっと聴いていたことを覚えている。そして最後まで返却を

しないまま、おそらく今も持っていると思う。

4年程前のあるホームパーティーでアメリカから来た

ご夫人のリクエストでこの歌とギターを覚えてみた。

その当時のデモ音源をアメリカに住み始めていた、

Pirates CanoeのElizabeth Ettaへ送ったのが2年後の2014年。

彼女はパソコンのマイクでハーモニーを付けて送り返してくれた。

正に海を越えての共演という初の試みだった。

「ミンストレル」発売記念ライブの特典カセットに初収録された。

今回の音源は、頼りにしているガンボ・スタジオの川瀬氏に

モノラルで録音した私のデモ音源とElizabethのハーモニーの

歌声を最初からミックスし直し、更に聴き心地を良くしていただいた。

*スーマー(歌とギター 2012年) with Elizabeth Etta(ハーモニー 2014年)

 

 

3. Blood Red Roses

 

Mimi & Richard Farinaがトラディショナルソングの中でも

シー・シャンティーと呼ばれる船乗りたちの歌を、二人の解釈で

歌詩を変えている歌。この歌は諸説あり、捕鯨の歌とする説、

イギリス海兵隊の制服を意味する説、船乗り達がマストを

引きおろす際の作業歌という説があるようだ。そしてこの二人の

歌詩では、最後の説が一番相応しいと思われる。

そのような昔の歌は大抵、無伴奏である。

私が友人でありシンガーソングライターの中村まりにこの歌で

共演することを提案して音源を聴かせた時、彼女はとても新鮮だと

捉えてくれて快諾してくれた。そうなると彼女は上記のような説を

調べ上げてくれたわけである。その真剣な取り組み方に私はいつも

感心させられながら、感謝することになるのである。

中村まりとFolk Song(フォークではない)を共演するのは毎度楽しい。

Folk Songには多種多様ではあるが、何処か好みが共通している。

2014年10月、中村まり宅のダイニングテーブルにレコーダーを置いて

二人で並んで同時録音した音源である。

Country Roads同様に「ミンストレル」発売記念ライブの特典カセット

に初収録され、今回、ガンボ・スタジオでマスタリングし直した。

*スーマー&中村まり(歌)2014年

 

 

4. Lili Marlene [reprise]

 

最後に再び、リリー・マルレーン。バンド編成バージョンである。

入間のJohnson Townにある、guzuri recording houseで

2016年5月に行われた「泥水は揺れる」のための録音である。

メンバーは、桜井さん、チガちゃん、椎野さんという馴染みの

バンド編成に加えて、Ricoさんのピアノにも参加していただいた。

メンバーの皆さんの素晴らしい演奏の中で私は心だけを込めている。

この歌が身体に染み付くのはもう少し先という気がしているのだ。

私は旅をしながらよく聴くのがRicoさんのソロアルバム、

「道 -michi-」に収録している「この道 konomichi」である。

北原白秋の詩が、山田耕筰のメロディーからRicoさんの世界に

半分入り込んで生まれ変わっているところがとても好きである。

リリー・マルレーンを唄うきっかけを作ってくれたRicoさんと

この歌で共演できたことは感無量であった。

そして今回の「Beyond The Time」の最後に収録出来たことは、

必然だったのかも知れない。

*スーマー(歌、ギター)with Rico(ピアノ)、桜井芳樹(マンドリン)、

 千ヶ崎 学(コントラバス)、椎野恭一(ドラムス)

 

 

様々な「時を超えた:Beyond The Time」音源集となりました。

 

そして、Minstrel Songs を発足してから10作目という記念盤でもあります。

数に限りはありますが、多くの皆さんに聴いてもらえたら幸いです。

 

 

今年も私はクリスマスとは無縁なことになりましたが、

 

皆さんへ、Merry Merry X'mas and Happy New Year.

WAR IS OVER if you want it.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Special Thanks:

Elizabeth Etta(Pirates Canoe)、中村まり、Rico、

桜井芳樹、千ヶ崎 学、椎野恭一、

川瀬真司、原 真人、村上亜沙美

 

 

Minstrel Songs [MS-010]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







                       

セカンドアルバム「泥水は揺れる」初CD化決定

 

 

 

アナログ盤の良さを知っている世代だけに、

いつかは自分の作品をアナログ盤で出したい。

という思いは当然であり、それを実現出来たことは

弾き語りの私にとって幸せこの上ないことである。

 

今回は私の意向でサウンドチームとデザインチームを

完全に分けて同時進行で着手していただいた。

桜井芳樹さんにはサウンド面でのプロデュースに集中していただき、

お馴染みの強力なメンバーの方々にも共演していただき、

頼りになるエンジニアにも腕を振るっていただき、

前作にも増して素晴らしい音源が出来上がったと自負している。

 

レコードジャケットには先のブログでも述べたように、

私には強い思い入れがあった。

それをお願いした劇画作家のエルド吉水と

題字をお願いした書道家、宮木麻衣さんには、

正に一発勝負、一筆入魂で描いていただいた。

音源と照らし合わせて、描き直してもらうようなことを

一切したくなかったのである。

私の思いはしっかりと伝わってくれたようで、

これまた素晴らしいジャケットが出来上がった。

 

私の意向、劇画作家の描きおろし、書道家の書、

それらに加えて自らのセンスもしっかりと取り入れて

見事にひとつの作品にまとめ上げてくれたデザイナーの

村上亜沙美さんにも感謝に絶えない。

そしてジャケット製作に携わってくれた紙と印刷加工の

匠の皆さんにも心より感謝なのである。

 

- - - - - 

 

さて、そのアナログ盤もめでたく完売となり、

この度、ようやく初CD化までこぎつけることが出来た。

まさに自主レーベル、Minstrel Songsの自転車操業振りが

伺えるわけではあるが、やりたいことをやり抜いているだけに

嬉しさは数倍なのである。

 

収録時間の関係でアナログ盤は全10曲だったが、

今回はCDなので、待機していた2曲も正式収録された。

ボーナストラックではなく正式な作品である。

追加収録曲はライブでもお馴染みのナンバー。

「愛がぶらさがってる」は、バンド編成で、

「Mother Nature's Son」は、中村まりとのデュエット。

そしてアナログ盤では収録時間の関係でフェイドアウトと

なっていた「Winter Song」もフルバージョン収録した。

 

更に歌詩カードは28ページの豪華ブックレット。

エルド吉水の収録曲ごとの画とスーマーの詩が合わさった

見応えのあるものとなっている。

 

 

CD「泥水は揺れる」収録曲

1. あさき夢みし

2. 風の女たち

3. Black Crows

4. 烽火(のろし)

5. 愛がぶらさがってる*

6. もうない船

7. とんでゆけ

8. 道草

9. Mother Nature's Son*

10. Winter Song(full version)

11.泥水は揺れる

12. 酒が飲みたい夜は

 

録音メンバー:

桜井芳樹、椎野恭一、千ヶ崎学、田村玄一、

川口義之、中村まり、Rico、関島岳郎、木下聡之

 

Produced by 桜井芳樹

 

2017年1月18日発売予定

MS0-009 2,800円(税込)

 

CD発売のためのチラシにも数人の方々にコメントを寄せていただいている。

褒め言葉を集めるためにお願いしたわけではないので、

全てを受け入れる覚悟でいたのだが、やはりお願いしてよかった。

 

いただいたコメント:(*名前をクリックするとご覧いただけます)

W.C.カラス(ブルース歌手) http://www.wckarasu.com/

長野友美(シンガーソングライター) http://naganotomomissw.info/

成田希(星羊社編集長) http://www.seiyosha.net/

Elizabeth Etta(Pirates Canoe) http://piratescanoe.com/

中原蒼二(ヒグラシ文庫主人)*「あさき夢みし」作詩者 http://www.higurashi-bunko.com/

 

_______________________________________________________________________

 

◎限定特典CD付で発売中。定価2800円+送料300円

◎For overseas customers Click Here!  http://suemarr.com/order.html

 

order*suemarr.com (*を@に置き換えてください)宛に

件名を「泥水は揺れる」として、

氏名、住所、電話番号、をご記入の上、送信ください。

折り返し、振込口座等の詳細をお返事させていただきます。

PayPal決済をご希望の方は、その旨お知らせください。

【ご注意】携帯メールでご予約で、PCメールを受信拒否設定されている方は、
     上記のアドレスからご返信できないことが何度かありました。

     suemarr.comのドメインを必ず受信指定してくださいますよう、

     よろしくお願いします。







                       

セカンドアルバム「泥水は揺れる」

 

洋楽ファン、邦楽ファンが戸惑うようなアルバムが完成した。

約2年の間を経てスーマーのセカンドアルバムがアナログ盤で

限定発売される。プレス枚数はたったの200枚。

プロデュースは「ミンストレル」に続きロンサム・ストリングス

の桜井芳樹が担当。全10曲の殆どがオリジナル曲で占められた。

セカンドながらも手を緩めることはなく、前にも増してスーマー

の奥底に潜んでいた「湿度」が漂っているかのようである。

録音メンバーには、桜井芳樹、椎野恭一、千ヶ崎 学、田村玄一、

川口義之、中村まり、Rico、関島岳郎、木下聡之、といった

馴染みであり頼りになる顔ぶれが揃った。

更にジャケットは「龍子」で国内外から絶賛、注目されている

劇画作家・エルド吉水の描きおろし。

題字は書道家・宮木麻衣による書。必聴盤。

(チラシ文章より転載)

 

2年振りというのが、早いのか遅いのか。

感じ方は人それぞれだと思います。

しかし若いわけでもない私にとっては、

とても早いとは思いません。

 

今年の秋に2枚目のフルアルバムを出します。

タイトルは「泥水は揺れる」です。

 

真夏が似合わない弾き語りにとって、

前回の「ミンストレル」を何故、真夏に発売したのか、

今となっては不思議でなりません。

今回は最初から秋に発売することを念頭に作りました。

アルバムを作るにあたって肝に銘じていることは、

ブートレグシリーズとフルアルバムを作品として

色合いをくっきりと分けるということがあります。

 

今回のフルアルバム「泥水は揺れる」も新しい色合いが

加わり、新機軸ともとれるような曲も収録されています。

それは私にとって、別段無理をするようなことでもなく、

奥底に渦巻いていたものが湧き出てきたというようなことです。

チラシの通り、洋楽ファンも邦楽ファンも戸惑うかも知れませんが、

戸惑わせるつもりなどなく、私にはごく当たり前のことなのです。

そして、それでよいのだ、と思っています。

 

 

録音は基本的には同録。つまり歌も演奏も一斉に録音することです。

それによって別録音では出せない「味」というものが記録されます。

頼りになる強者のミュージシャンたちも、皆さんそれぞれが

楽しくそして緊張感をもって演奏してくれました。

そこに腕利きの録音エンジニア、マスタリングエンジニアの方々が

とてもスムーズに作業してくれたことも大きいのです。

 

低予算ながらジャケットにも工夫を凝らしました。

見開きではないシングルジャケットで昔の古き良きを

再現するために、紙選びから始め、紙の職人さんたちに

型抜きから印刷、加工までをお願いしました。

レコード世代の方には馴染みのある、昔のコーティングジャケット。

そして紙の内袋に直接印刷した歌詩と曲ごとに描かれた画。

30センチというサイズに、デザインチームも気合が入ってくれて

画、書、デザインが見事に一体となってくれました。

 

 

そして発売するのは、200枚のみ。アナログ盤のレコードです。

レコード盤に音の溝を刻むカッティングにも立会いました。

作業はこの道40年以上の重鎮が担当してくれました。

音質には一切手を加えず、ひたすらツマミでレベルを調整します。

テスト盤のカッティングが終わり、針を落として再生しました。

するとCDでは再現できない、ふくよかな音が聴こえてきました。

 

是非ともレコードプレーヤーをご用意いただいて、

少しでも多くの皆様に聴いていただけますように。

 

 

スーマー「泥水は揺れる」  2016 Misntrel Songs [MS008]

 

プロデュース:桜井芳樹

共演:桜井芳樹、椎野恭一、千ヶ崎学、田村玄一、

   川口義之、中村まり、Rico、関島岳郎、木下聡之

 

ジャケット画:エルド吉水 http://www.eldoyoshimizu.com/

題字:宮木麻衣

デザイン:村上亜沙美 http://asamimurakami.com/

 

 

アルバムの詳細はコチラです。

作品一覧 [Discography]

http://suemarr.com/disco.html

(ジャケット写真をクリックでも)

 

_____________________________________________________________

 

【先行予約のお知らせ】*先行予約受付・通販は終了しました。

 

一般発売 11月1日

先行予約 9月15日より受付開始

 

ご予約いただいた皆様には、先行予約特別価格で

発売日当日までに御自宅に郵送させていただきます。

【予約特別価格】3,500円+送料500円 合計:4,000円

 

◎ライブ会場でのご予約

ライブ会場で配布される写真のチラシの裏の予約票にご記入の上、

本人スーマーに直接(予約特別価格と共に)お渡しください。

 

◎メールでのご予約

order*suemarr.com (*を@に置き換えてください)宛に

件名を「泥水は揺れるアナログ盤」として、

氏名、住所、電話番号、をご記入の上、送信ください。

折り返し、振込口座等の詳細をお返事させていただきます。

【ご注意】携帯メールでご予約で、PCメールを受信拒否設定されている方は、
     上記のアドレスからご返信できないことが何度かありました。

     suemarr.comのドメインを必ず受信指定してくださいますよう、

     よろしくお願いします。

 

*予定枚数に達した時点で、締め切らせていただきますのでご了承ください。

 

 







                       
<< | 2/31PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

「深夜食堂のうた」挿入歌2曲収録

「泥水は揺れる」特典CDは付きません

ドラマ第四部は「ミンストレル」から8曲を使用。

エンディングソング「ちょいと寂しい夜のうた」

links

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode